千葉県浦安市運営の浦安市斎場は公営斎場で使用しやすい

浦安市斎場は千葉県浦安市が運営を行う公営斎場です。

施設内に葬儀場と火葬場が併設されているため、通夜、葬儀、火葬を同じ場所で行うことが可能です。

そのため、マイクロバスのチャーターなどのコストもかからず、遠方から来てくださった親戚の方にあちこちへ移動していただく必要もありません。

浦安市斎場は千葉のJR京葉線の舞浜駅からタクシーで20分程度の場所にあります。

舞浜駅から千鳥循環というバスに乗り、浦安市斎場というバス停で下車すると便利です。

送迎バスをお願いすることも可能です。

事前に申請を出す必要があります。

車両は1台で、座席37人分の中型バスです。

浦安市斎場は第一、第二、第三の3つの式場があります。

控室は三室あります。

お清め所、遺族控室、宗教者控室、火葬待合室としてそれぞれ利用できるようになっています。

浦安市斎場は1月1日から3日のお正月と友引の日は休業になります。

葬祭場は友引の日にも営業しています。

宗旨宗派、地域を問わずに利用できます。

仏式、神式、キリスト式、新宗教、無宗教などの形式に関わらず葬儀の対応が可能です。

浦安市民だけでなく、市外の人にも利用が可能です。

住居地によって利用金額が変わりますので確認が必要です。

式場、控室、霊安室は市民の利用優先が原則になっています。

住宅事情で自宅での安置が難しい場合には、斎場に霊安室があり利用することも可能です。

花輪は禁止で、生花は式場内のみの設置になっています。